プロとして生きるイラストレーター編

 

今回は、プロのイラストレーターのなり方についてのご質問をいただきましたので、その事について書かせていただこうと思います。

イラストレーターとは?

 

まず、イラストレーターというお仕事について説明させていただきます。

イラストレーターとは、文字通りイラストを描くお仕事のことで、誰かにイラストを描くことを依頼されて、その対価としてお金をいただきます。

 

相手の望んでいるようなイラストを描けてはじめてお金がもらえる職業ですので、必ずしもイラストが上手ければいいということではございません。

GAgazine

イラストレーターの倍率

 

イラストレーターという職業は、会社所属の人ですとかなりの倍率になると思われます。採用枠も狭く、比較的多くの方が応募されますので、狭き門です。

 

インターンシップや説明会がある会社であれば、その会社の社員の方にどういったイラストを描ける方を求めいてるのか?どんな人材を求めているのか?どういったコミュニケーションが必要か?などたくさんの質問をして臨むべきでしょう。

一人暮らしで

 

フリーランスとしてのイラストレーター

 

多くの方々が想像するのが、このフリーランスとしてのイラストレーターではないでしょうか?

好きな時にイラストを描いて、楽しく仕事をする。

 

しかし、フリーランスは自由な分、かなりの苦労があります。

まず、イラストのお仕事が無名のうちだとほとんど来ませんし、最初は自分から色々なところにアプローチをかけて仕事をとっていかなければなりません。

 

仕事がなければお金がもらえないので、ご飯を食べること、家に住むこともままなりません。

超有名どころのイラストレーターでなければなかなか成功という成功は望めません。

 

初めからフリーランスはリスキー

 

前述した通り、フリーランスは収入がとても不安定で生活の心配が多々あります。

なので、一度イラストレーターやグラフィックデザイナーとして就職し、そこから色々な繋がりを持ったまま辞めて独立する方もいます。

そちらのほうが安全ですし、なにより社会経験を積めるので一石二鳥です。

 

もちろん、イラスト関係の仕事に就職できなくても、一般企業で働きながら合間にイラストの仕事をSNSなどでとって収入が安定してきたら独立するという方法もあります。

 

どちらにしろ大事なことは自分から積極的にアプローチする行動力です。

それがなければよっぽどの天才でない限り、イラストレーターのお仕事をするのは、難しいと思います。

ほっこり話

向いている人

 

個人的にイラストレーターに向いている人は、まず好奇心旺盛で勤勉な人だと思います。

好奇心が旺盛でなければ、知見が狭くなり、アイデアの幅が狭くなってしまうので、画期的なものを作るのは難しいと思います。

 

また世の中の動きに敏感で、常に何が流行っていてどういったものが売れていてウケるのか、勉強を怠らない人でなければ、時代の流れに置いていかれてしまうでしょう。

 

イラストがとても上手いというよりも、ある程度描けて色々なニーズに応えられる、もしくは、強烈な個性を持ったイラストを描けて唯一無二のものを持っている。

そういった方が仕事をとりやすいのだと思います。

ハタラクティブ

 

イラストレーターになりたいと思っている方へ

 

色々と述べてきましたが、僕はイラストレーターになるのは必ずしも若くなくていいと思います。

 

高校卒業したらなる、大学を卒業したらなる、そう早々となろうとする方が多いですが、一度就職してイラストとは全く関係のないところからインスピレーションを得るのもありだと考えています。

なにより、社会経験があるということが、本当に失敗したときの保険になったりします。

 

「保険なんかカッコ悪い!背水の陣でイラストレーターを目指すぜ!」

という方は、止めはしませんが、計画立てないと後々本当に大変なことになるので注意が必要です。

サイカソウ

 

なると決めたら就職していない方はリミットを決めるのがいいと思います。

25歳を過ぎると、就職の幅は一気に狭まり、30歳になるとそれこそ就ける職業なんて限られてきます。

高収入は望めないでしょう。

見切りをつけるということを肝に命じてやるべきだと思います。

 

それに、意外と就職も悪くはないです。

実際に僕も今、社会人をやらせていただいていますが、楽しいです。

自分で働いたお金で自分でものを買える。

この当たり前を経験して、イラストでお金をもらうというビジョンを明確に描くこともできるのではないでしょうか?

まとめ

 

たくさん書いてきましたが、僕はみんなそれぞれのペースでイラストを描いて勉強するのがいいと思います。

追い込まれてやれる人、ひとりでゆったりとやって成果を出す人、みんなそれぞれです。

 

無理に追い込んでイラストが嫌いになってしまったなんてことになるのが一番もったいないので、無理せずに自分のペースでやることをおすすめします。

 

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です