イラストの専門学校は行くべきか?




「イラストの専門学校に行こうかどうか迷っています。」というお声がありましたので、それについて書かせていただきます。

 

イラストの専門学校とは?

 

まずは、イラストの専門学校について少しお話しいたします。

 

イラストの専門とは文字通り、イラストの技法が学べる専門学校のことです。

2年制の学校が多く、マンガ科、イラストレーター科、グラフィックデザイナー科などの専門分野ごとに別れていて、個人個人に合ったコースを選べるのが特徴です。

専門学校でどのくらいのレベルになれるか?

 

イラストの専門学校は、入学試験であまり人を落とさないため、入学してくる人のレベルはかなり低い傾向にあります。

 

一番ひどい話だと、イラストを描いたことがない人がいるとも聞いたことがあります。

 

なので、授業の内容も本当に市販のテキストレベルの授業しかやらない、やれないところが多いのが現状です。

スタハピ

専門学校卒業後の進路

 

イラストの専門学校の卒業後の主な進路は、イラストとは全く無関係の一般企業に就職される方が多いです。

 

私の友人でイラストの専門学校を卒業した人は、電気屋さんの正社員になりました。

 

彼が言うにはイラストのお仕事に就ける人は、年に1人いるか、いないかだそうです。ちなみに彼の年は1人もいなかったそうです。

サイカソウ

 

イラストの専門学校にどうしても行きたいなら

 

ここまでお話しして、正直イラストの専門学校へ進学することにあまりメリットを感じられなかったと思います。

 

ですので、ここでイラストの専門学校に行くメリットをお話しします。

 

それは、ずば抜けてイラストを描くのが上手くて、それでも縁がないというひとは、コネクション作りのために行くという手段もありです。

ksd illust

 

前述した通り、イラストの専門学校は、ほとんどイラストをまともに描ける人はいません。

そんな中でずば抜けてイラストが上手い人がいたら、先生方はその人を売り出そうと動いてくれます。

 

専門学校の先生方は、業界と繋がっている方もたくさんいらっしゃいます。

なので、腕に自信のある人は業界のパイプ作りに行くには良いかもしれません。

 

専門学校という選択肢をとる前に

 

専門学校に行く前に1冊イラストの技法書(簡単なもので構いません)を購入して、それをやりきりましょう。

それができなければ、専門学校に進学しても良い成果は得られません。

 

まずは専門学校に進路を決める前に自分自信で最大限、努力することをおすすめします。

他力本願な人にチャンスが回ってくるほど、イラストの業界は甘くありません。

自主性を計る意味でも1冊テキストを買ってやりきりましょう。

 

それができて、イラストの技法がある程度ついたときに、改めて専門学校という選択肢を選ぶかどうか再検討しましょう。

イラストボックス

 

専門学校の説明会に行って、実際に生徒さんのイラストを見るのもお勧めですので、もし行く機会がありましたら行ってみてみましょう。

ただし、説明会の際に先生方の甘い言葉に乗せらないようにしましょう。

 

美術大学という選択肢

もう一つの選択肢として、美術大学や芸術大学を目指すという道があります。

デッサンのお勉強が必要ですが、大学に受かったときのメリットは、

 

1.大学卒業の肩書きがもらえる。

 

2.難関な試験に合格してきた人が多いので、技術はもちろん、モチベーションも高い人が多いのでいいライバル関係が築ける。

 

3.美術大学なので、美術の教員免許が取れるので保険を作りやすい。

 

4.イラスト業界の就活指導がしっかりしている。

 

専門学校は高校卒業になってしまいますので、大学卒業の方よりも就職で不利になってしまうことも多いです。

大学卒業の肩書きは、とても有利に働くと思われます。

エキサイトニュース

 

専門学校の先生方

 

色々と専門学校についてデメリットばかりが目立つようなお話ししてきてしまいましたが、誤解されないように申し上げますと、教えてくださる先生方はきちんとしたイラストの技法を持っている方々です。

イラストに情熱を注いで、努力していてもなかなかチャンスが掴めていない先生方もまた皆さんと同じ悩める人なのです。

PAKUTAS

 

なので、そういった先生方からリアルなお話が聞けるのは専門学校の魅力かもしれません。

ただし、ある程度イラストが描ける人、努力できる人以外はそういったお話を聞くことが難しいと思います。

情熱が足りない生徒をずっと見ているほど、先生方も暇ではありません。

 

まとめ

 

今日、ここまでたくさんのお話をさせていただきましたが、何にせよ、まずは自分自身がどこまで頑張れるのか?どこまで情熱を注げるのか?

それを一度確かめて、専門学校に行くなら、教科書レベルの技法は全てクリアしている状態で行きましょう。

 

また、専門学校に進まずとも、一般の大学へ行きながら、または就職しながらでもイラストは勉強できます。

 

専門学校だけがイラストの入り口ではないので、他にも色々と模索してみましょう。

アイコン素材ダウンロードサイト

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です